那覇市内をぶらぶら

みなさんこんにちは。
センチュリー21サグチ不動産の渡邉です。

沖縄加盟店視察の翌日、モノレールで移動できる範囲の那覇市内をブラブラしてみました。
まず向かったのは首里城。
以前の雄姿を見たことのある地でしたので、火災後の様子を見てきました。
城壁の下までで閉じられていましたので、正殿を伺い知ることはできませんが、守礼門からは崩れ落ちた瓦などを見ることが出来ました。
土産物店やレストランは営業していて、観光客も多くいました。
首里杜館に義援箱があったので志を置き、首里城を後にしました。

またまたモノレールで移動し、昼ご飯に沖縄そばを食べました。
そばと一緒に島とうがらしなる物が出てきたので、ちょっとかけたら辛いというより塩?酢?みたいな味になってしまって、ちょっと苦手な味だった。。

腹ごしらえも済み、国際通り商店街へ土産物を物色しに行きました。
国際通りは、完全に観光客用の商店街になっていて、地元の島人はあまり行かないとのことでした。
とても賑わっていますが、噂通り修学旅行生やインバウンドの人たちばかりでした。

沖縄土産で有名な紅芋タルトのメーカー、御菓子御殿の店舗も観光客で大賑わい。
スターバックスの国際通り店は、一日の売上高日本一を何度も達成するお店とかで、この日も大賑わいのようです。
地元の人たちは、せんべろの店で夜な夜な飲むことが流行っているらしいです。
せんべろとは「千円でアルコール飲料とつまみが出てべろべろになる」店らしいです。

今日は岐路につく日だったので、せんべろでべろべろになることもなく、空港へ向かい帰ってきました。
一泊二日の沖縄の旅でしたが、濃い旅が出来ました。

RSS
Facebook にシェア
LINEで送る